適材適所がポイント

作業員

自分達で何でもしようとするとかえって業者に頼むよりも労力がかかることがあります。混合廃棄物を処理するときには適した技術のある専門業者に頼むようにすれば楽に処理できます。

Read more...

ゴミの分別から考える

作業員

ゴミの分別はきちんと行わなければ、廃棄物問題の解決ができません。そのため、リサイクルを定めた法律などもあります。リサイクルをするためのボックスなども用意されており、活用できます。

Read more...

産廃物の処理と破砕

産廃を破砕する方法などについて

機械

産廃の破砕にはそれに適した施設、例えば土地や建物や機械などが必要です。その中でもとくに大事なのは、それらを建てる土地の選定が大事になってきます。また、産廃のみならず産廃施設には廃棄物を処理するための、機械(破砕機、プレス機、圧縮減容器、焼却炉)などの用途に応じた適切な機械が必要になります。このような施設は廃棄物処理法や都市計画法などといった各種法令をクリアしなければなりません。このような施設の設置許可は複雑な手続きを必要としており、特に建築基準法51条の但書の許可申請は大変です。そのような厳しい基準や許可をクリアした業者が産廃破砕などの処理を行っていますから安全に、そして安心して依頼できる業者がほとんどです。

処理の注意点などについて

産廃の破砕に破砕機と呼ばれる機械が必要です。産業廃棄物の種類などによってそれに適した機械、例えば二軸破砕機と呼ばれるものなどがあるのですが、これは小さな馬力で大きなトルクを得ることが可能で、カッターの装着された二軸を減速しながら内側に回転することで、大きな破砕力を得るというものです。これは、モーターが動力源なのでメンテナンスなどの手間が少なく済むのが特徴で、その上、振動や騒音や粉じんの発生もほとんどありませんから、このような破砕機はリサイクルの分野に必要不可欠な機械といえると思います。ただ、このような機械の扱いには専門の知識や熟練した操作の技術といったものが必要だと思いますので、事故などの防止の観点から指導などをしっかりと行う必要がああります。

ガレキとは

機械

災害などで出た産業廃棄物などのガレキは業者に依頼してガレキ選別してもらう必要があります。廃棄物には家庭から出るものと企業から出るものがあるため、シーンに合わせて専門業者に依頼しましょう。

Read more...